グループ病院にとっては生き残りのための資源管理

機器の詳細なアラームを取得し、ロケーションビュア「Open Library VPS」で確認できます。アラームはレベル付けして警告(オプション:パトライト、ナースコール等)することができます。

設定条件・運転情報

当社のシリアルタグは、人工呼吸器、輸液ポンプ、シリンジポンプなどの運転状態、設定情報、アラームをRS-232C経由で監視し、無線LAN経由で位置情報とともに通知します。

現在位置

Open Library VPSと医療機器管理システム「Open Library ME」は連携し、機器の位置情報、運転情報を元に、機器の所在管理・稼動管理に利用されます。

機器の在り処を画面上の平面図にリアルタイムに反映。 さらに、機器のアラーム情報、電源ON/OFFまでも通知。

医療機器の所在、運転状態を監視することで、本当の稼働状態を知ることができ、本当に必要な機器の台数を推定できます。
機器の障害を早期に察知し、患者の安全を守ります。 

シリアルタグは中央在庫を前提とした医療機器の中央管理の概念を変えるかもしれない。

    Copyright © 2001-2019 KOISHIKAWA System Design Office Co., Ltd. All Rights Reserved.