page-header_products
il products ccc
 

Conference いつでもどこでもカンファレンス

臨床カンファレンス

場所にとらわれず、時間にとらわれず、いつでも開催可能な会議を。
電子化された情報を活用し、時間軸に沿って、参照する。
IP電話を使って参加する。モバイルツールを使って情報参照する。
録音された会議を参照する。いつでも開催できる。いつでも参加できる。どこでも開催できる。どこでも参加できる。
新しいカンファレンスのかたちを提案します。

症例検討会

症例をピックアップする。カンファレンスを構成する。プレゼンを組み立てる。プレゼンを練習する。練習を確認する。プレゼンテーションする。討論する。録音する。流れを記録する。
新しいカンファレンスのかたちを提案します。

カンファレンスアーカイブ

診療を問い直す症例検討会の内容は最高の教材でもあります。記録することを意識することなく、知財として活用可能にします。

臨床カンファレンス

・タイムラインベースの臨床記録
・臨床情報へのアクセス
・カンファレンスの録音

症例検討会

・カンファレンスの設置
・症例の選考
・プレゼンテーションシナリオ作成
・プレゼンテーションの記録
 = アーカイブ
・アーカイブの検索・再生
 

ストーリーボード TimeLine
Communication 見て、話して、報・連・相

聞きたいこと、知りたいこと

場所にとらわれず、時間にとらわれず、電子化された情報を活用し、時間軸に沿って、参照する。モバイルツールを使って情報参照する。
録音された会議を参照する。いつでも連絡を取れる。いつでも確認できる。いつでも質問を投げることができる。いつでも相談できる。
新しいコミュニケーションのかたちを提案します。

伝えたいこと、悩んでいること

患者の情報を共有し、今、やらなければならないことを、疑問を、いつでも連絡を取れる。いつでも確認できる。いつでも質問を投げることができる。いつでも相談できる。
新しいコミュニケーションのかたちを提案します。

対話と臨床情報の一体化

・場所を選ばずコミュニケーション
・臨床情報と関連付けされた音声記録
・臨床情報を参照しながらの対話
・不通時の伝言録音
・一対一の会話
・一対Nの同報通信
・グループ会議

・一対一の会話 ・一対Nの同報通信 ・グループ会議
 

Collaboration CCCが産む協調・協業

チーム医療を支援

異なる診療科、異なる職種の間で進められる現代の高度医療。このチーム医療を支えるツールとして、CCCは存在します。コミュニケーションをダイレクトにつなぐ電話機能。そこに情報の共有機能が加わり、時と場所を選らばずディスカッションをはじめることができます。

常設カンファレンス

集まることなく、いつでもカンファレンスをはじめることができるツールとして、CCCが機能します。デスクトップに加え、モバイルツールとIP電話によって、時間と場所との壁を無くします。

地域連携への応用

医療の連続性を確保し、患者負担を低減するための、漏れの無い、無駄の無い医療をおこなう上で一医療機関に留まらない全ての診療を時系列化することを目指しています。

メディアミックスが産むコラボレーション

・タイムラインベースの臨床記録
・音声を活用した記録
・臨床テーマに基づく会話
・場所と時間を選ばないコミュニケーション
・リンクによる情報参照