page-header_products
Open Library RIS

ただ、画像検査の記録だけを残すシステムでは改善は無い。
ただ、病院情報システムとモダリティ・画像との情報をつないだだけでは新しくない。
放射線部門をいかにして管理するか。
DPC、診療報酬改定に潜む医療環境の変化、患者の被爆問題、医療廃棄物のトレース、
装置の採算性など、今やらなくてはならない情報管理が山ほどあります。
Open Library RISはこれら部門管理をテーマとした解決策を提供します。

画像検査を支援する多様な機能

■過去の検査情報や患者情報など撮影に必要な情報を提供します。
■IHEに準拠し、病院情報システム、モダリティとの連動を実現します。HISからオーダ情報を取得し、
  MWMにより撮影情報を装置にまで届け、さらにMPPSにより検査実施結果を取得、
  撮影実施結果は医事システムへと送ります。
■読影Viewerとの連動を実現し、過去画像を表示します。
 また、読影レポートの表示も可能です。
■検査標準プロトコールを登録できます。
■JJ1017準拠のコード体系を利用可能

読影・レポート作成を支援する多様な機能

■オーダシステムと連携した予約、部門独自で管理する予約など多彩な予約機能を用意しました。
 検査種別に応じたクローズ予約、オープン予約の決め事。診療科や部位を特定したコマの設定。
  など、予約管理に必要十分な機能を用意しました。
■スケジュールにドクターエリアを作りました。
 特殊な検査や特別な患者を受け入れるための空きを設定することができます。
■患者の希望に沿った予定登録の場合でも、時間帯別候補をリストアップします。
■予約組み替えはドラッグアンドドロップで操作性重視です。
■予定組み替えされた患者をレポート。変更案内を作成できます。
■スタッフの予定を管理します。検査担当技師、検査担当医師、検査担当看護士のローテーション作成、
  担当予定の組み換え処理、予定表の複写機能など、スタッフ管理を支援します。

ワークフローベースの放射線部門業務支援

■ワークフローに沿って業務進捗管理を支援します。
 予約無し検査はもちろんのこと、予約→受付→検査内容作成→検査実施→読影レポート作成のフローでも、
 予約→検査内容作成→受付→検査実施→読影レポート作成というフローでも、いかようにでも対応します。
■他の装置との進捗比較と予定組み換え処理
 装置間の進捗の違いを確認しながら、検査予定の組み換えをおこなう機能を装備し、
 患者重視の進行管理がおこなえます。

撮影記録を活用する強力な管理機能

■多彩な検査統計
 検査種別、装置別、入院・外来別、診療科別、部位別、撮像方別、様々な切り口で、検査数、スライス数、
 フィルム数、撮影時間、造影剤使用量などの集計や平均値を抽出することができます。
■患者の被爆管理
 患者の被爆線量を期間集計し、主治医へ情報提供することができます。
■DPCをにらんだ管理会計を基本とする部門管理
 部門原価管理が最重要テーマとなりつつある病院経営管理に対応して、部門、モダリティ別、
  装置別までの損益計算機能を提供します。
■装置導入にともうなう収支シミュレーション
 機器イニシャルコスト、保守を含めた運用コスト、検査内容別コストに基づく、
 採算性評価シミュレーション機能を用意しました。

画像検査の最初と最後を支援する機能

■放射線レポートシステムRDxを組み込むことができます。
 ワークフローの仕上げとなる読影レポートまでの一貫した処理をサポートします。
■オーダリングシステムの用意もできます。
 空き時間を一発検索する機能。過去履歴も含めて、オーダした読影記録、画像を参照する機能。
 病棟での撮影予定を確認する機能などを用意しています。

強力なセキュリティ

■代理入力された記録を確認できます。
■利用権限を厳密に管理しています。
■変更履歴を残しますので、不正改竄を監視できます。

ユーザフレンドリーな機能

■予約変更・組み替えなど視認性を重視する処理には、
 ドラッグアンドドロップ方式によるワンアクション操作を取り入れました。
■アイコンの変更、ユーザ毎の画面配色設定ができます。
■画面項目名をユーザ定義できます
■通常の照明下の使用モードに加え、暗室モードを用意しました。ワンタッチで切り替え可能です。

スタンドアローンでクライアントサーバで

■Windows2000/XPに対応。
■サーバはWindows2000/2003を使用しますので、廉価で本格システムが構築できます。
■受付システムからの患者情報の取得や検査記録に基づく会計システムへのデータ転送など、
 他システムとの連動も可能です。

ris zu

rdx zu

ris zu 03