page-header_products
Open Library VPS

いつ、どこで、なにが起こっているのか?起こったのか?
後から検証するのは結構難しいことです。
私たちは無線を使ったロケーションシステムにより、
患者一人ひとりの動きをリアルタイムにトレースします。
機器一つ一つの運転状況をリアルタイムにトレースします。
今、患者が機器がどこにいるかを即座に知ることができます。
更に、患者ならどのように病棟を抜け出したのか。
先週の午後3時にあの機器はあの患者はどこにいたのか、
その後4時までの移動の状態はどうだったのか。
ビジュアルに再現します。
と同時に、機器なら貸出や返却などという行為さえ不要にします。
今空いている機械がどこにあるかが即座に分かる。
ある期間の利用状況を正確に再現・統計処理できる。
これがVisual Positioning System=「Open Library VPS」。

Open Library VPS は、患者の無断離院や連れ去りの危険を監視します

Open Library VPS (Visual Positioning System )は無線タグのリアルタイム位置・状態情報を利用して、徘徊患者の無断離院や新生児の連れ去りを監視します。患者の位置はリアルタイムで捕捉され、徘徊患者の場合は居住エリア内は自由に行動できるものの、居住エリアからの失踪を確認すると直ちにアラームを出します。新生児監視の場合は、親子のペアおよび職員と新生児のペア以外での単独検出を監視し、新生児単独で危険エリアに存在すれば即危険とみなしアラームすることができます。ひとたびアラーム状態が発生したら、継続してその患者は危険な状態として監視下におかれ位置の変化を追跡します、一階など他のフロアに出現するとその場所をアラームとして通知し、職員によるいち早い捕捉・安全確保を可能にします。
Open Library VPS (Visual Positioning System )は監視カメラと連動させることで、患者の姿を追跡することができます。警報灯と連携させることで、その場所をより明示化できます。ドア開閉制御と組み合わせることで、脱出そのものを阻止できます。

 

Open Library VPS は、機器の所在を常時監視し、貸出返却の自動化と、アラームを含む機器の無運転状態のモニタにより、患者安全に寄与します。

Open Library VPS (Visual Positioning System )は無線タグのリアルタイム位置・状態情報を利用して、人や機器の位置や状態を監視するとともに、その位置・状態の履歴を管理し、稼働状況や場所別の所在率などの統計処理および、移動のトレース機能による導線管理を実現するシステムです。貸し借りといった旧来の管理を不要とし、機器の現在状態を監視するとともに、その位置・状態の履歴を管理し、機器の稼働や部署別の機器所在率などの統計処理を実現します。
【Open Library VPS (Visual Positioning System )は弊社SerialTAG を使用することでアラームを含む機器の運転状態情報を直接採取し、表示することができます。アラームの採取は患者安全に寄与し、運転状態の簡易モニタリングでは、機器の状態変化を連続的に記録。再生も可能です。

機器の稼働・所在の履歴を元に統計処理、状態の再現を実現。

Open Library VPS(Visual Positionning System)は、機器の一日の動きを再現します。
再現スピードはコマの飛ばし方、再生スピードを秒単位で設定できます。さらにトレース結果をその位置ごとの多重度を元に資格化しますので、導線の混雑さを知ることができます。
ひとつのタグに着目するれば、地図間の移動を追跡しその位置の変化を再現します。場所を基準にした場合は複数タグの時間帯毎の所在状況を再現できます。

一日の動きを再現するトレース機能

各種統計処理

一日、週、月、年間の機器個々の稼働状況、部署別の所在状況、無検知状況、ボタン押下回数(オプションで機器のアラーム回数)などの統計処理を実現します。

 

システム概要

クライアントやネットワーク環境は電子カルテ環境に相乗りするなどで、できるだけ新設機器を少なくして構成します。

下記より資料とカタログのPDFがダウンロード出来ます。

入居者見守りシステムのご案内

入居者見守りシステム(特定小電力無線タグ)

超小型・一次電池専用モデル(RFIDタグType2)

転倒転落検出モデル(RFIDタグType2G)

VPS Reader(専用電源不要PoE給電方式)

※ダウンロード出来ない場合は表示ボタンをご利用ください。

製品の構成内容や価格表、見積もり等、e-mailメニュウからお気軽にお問い合わせください。

 

※Open Libraryは礫川システムデザイン事務所の登録商標です。