page-header_products
Open Library RIM
 

様々な医療事故、各施設での事故などから、今日放射性物質の管理はその厳重性が問われています。
Open Library RIMでは、医用放射性薬剤の注文からその使用済み容器の処理までの一貫したアリバイと使用歴の管理を通して、世論の関心に応えるとともに、これを管理される方々の事務作業を軽減します。
特に、入荷した医用放射性薬剤の使用実績を弊社RIS(Open Library RIS)との連動を通して確実にしかも漏れなく記録するとともに、その使用後の容器管理と協会への報告事務についての手間の省略と確実なトレースを提供します。

 

メニュー

RI台帳RI薬品の購入から廃棄・処分までの全記録を網羅した台帳です。
購入RI薬品の発注・入荷記録を作成管理します。
消費(検査)検査でのRI薬品の消費を記録します。
廃棄保管使用済みRI薬品の廃棄容器への破棄を記録します。
容器移動廃棄容器の保管場所移動の記録をします。
最終処分RI薬品類の入った廃棄容器の最終処分を記録します。
報告書日本RI協会などへの報告書類や月々のRI薬品の使用、廃棄記録をレポートします。
基本情報RIMの基本情報(RI薬品、廃棄容器、保管場所など)を管理します。

 

■RI台帳

RI台帳は、RI薬品の一覧と個々の薬品の購入から検査への使用、されに廃棄・処分までの明細記録を確認、管理するためのものです。
この台帳では、棚卸し処理を行うことができますが、それ以外の入力は別に用意された各機能を利用しておこないます。
各薬品はシリアルレベルでの管理ができます。

■発注管理

購入記録を作成するだけでなく、発注から納入が行われるまでの管理もできるようになっています。納入数量が発注数に満たない場合は、注文内容を分割する処理ができます。

■実施(消費)管理

RI薬品の使用記録を登録します。基本となる情報は、購入記録された薬品と、RISに登録されている検査予定記録です。
検査と薬品シリアルが1対1で対応できますので、完全なRI薬品消費記録が残せます

■薬品容器廃棄(使用済み容器)管理

使用済みRI薬品の廃棄記録を登録します。ここでは放射性廃棄物容器への廃棄登録までをおこないます。廃棄物容器と薬品シリアルが1対1対応しますので、完全なRI薬品消費記録が残せます。

■廃棄容器移動管理

放射性物質廃棄容器の入荷から保管場所の移動記録までを管理します。

■廃棄容器最終処分管理

ここでは放射性廃棄物容器の返却最終処分についての記録をおこないます。

■報告書類作成

該当メニューには以下のサブメニューが用意されています。
・日本アイソトープ協会アンケート
・全国核医学診療実態調査票
・アイソトープ廃棄物記録票
・RI薬品廃棄履歴
・RI薬品使用記録